SNS上などで、幼少時期のBCGワクチンの接種の有無が患者数などに関係しているのではないかという仮説が広がっています。

国外ではBCGワクチン接種の有効性を確認するための臨床研究の準備されているということです。これに伴って、一般のBCGワクチンの接種歴がない世代の方々より、接種を希望する声が医療機関に届き始めています。

これに対する、日本ワクチン学会の見解です。 

  • 「新型コロナウイルスによる感染症に対してBCGワクチンが有効ではないか」という仮説はいまだその真意が科学的に確認されたものではなく、現時点では否定も肯定も、もちろん推奨もされない。
  • BCGワクチン接種の効能・効果は「結核予防」であり、新型コロナウイルス感染症発症および重症化の予防を目的とはしていない。また、主たる対象は乳児であり、高齢者への接種に関わる知見は十分とは言えない。
  • 本来の適応と対象に合致しない接種が増大する結果、定期接種としての乳児へのBCGワクチンの安定供給が影響を受ける事態は避けなければならない。 

この日本ワクチン学会の見解に応じて、『BCGワクチンは今まで通り、定期接種としての乳児対象にのみ接種をお勧めしていきます